グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



獣医師


ホーム >  仕事・人 >  獣医師

矢野 瑞穂

動物病院では経験できない、オンリーワンの分野で活躍

矢野 瑞穂
受託試験部・飼育管理グループ 獣医師|入社3年目
Profile
北海道出身。獣医大学卒業後、「働くなら雪の降らない土地へ」と静岡県へ。磐田市にある動物病院で獣医師として勤務した後、キャリアアップを求めて同社に転職。プライベートの息抜きは吹奏楽演奏。市民吹奏楽団に所属し、担当はオーボエ。週に2回の練習をはじめ、定期演奏会でその美しい音色を披露している。



入社のきっかけは?

私は転職組で、以前は動物病院の勤務医として3年半ほど働いていました。
ただ、将来を見据えた時に「培ってきた臨床経験や技術を違った分野で生かせないか?」と考えたんです。
当社は、獣医学を専攻してきた人間にとって他に類を見ない環境。ここまでサルに特化していると言うのは世界的にも稀ですので、そんなオンリーワンの分野で活躍できることに魅力を感じました。

仕事内容について

カニクイザルをメインに、実験動物となる約300頭のサルの飼育管理が主な仕事です。毎日必ず2回以上、全頭の健康チェックを行い、実験モデルとなったサルに対しては病態のバランス管理を行っていきます。
サルはマウスやラットと違い、一頭一頭の個性が強く、個体差も大きいのが特徴。ケガや病気はもちろん、精神面のケアにもつねに気を配っていますね。


仕事の魅力・やりがいは?

ひとつは、病気やケガに対する適切なケアによって具合の悪かったサルが回復した時。もうひとつは、病態モデルとなったサルの試験がトラブルなく進み、無事成立した時です。

実験動物と言うと「残酷なことをされる」と思う方もいますが、過剰だったり、必要ないと判断した試験にはNOを宣言しますし、できるだけ苦しみや痛みが長引かないように最善の方法を選択しています。倫理的にも徹底した管理のもとで実験動物が使用されているということをご理解いただければと思います。

会社全体の雰囲気は?

フリーアクセスになっているので他の部署とのコミュニケーションがしやすく、とても働きやすい環境です。面倒な人間関係に悩むこともほとんどないですね。待遇や福利厚生をはじめ、設備に関しても大企業並みに充実していますね。個人的には私服で働けるのが一番の魅力ですけど(笑)。

今後のキャリアビジョンは?

今年からですが、当社の支援制度を利用して浜松医科大学の博士号取得に取り組んでいます。授業料や研究費の補助のほか、当社の研究開発論文を使わせていただけるので、とてもメリットの多い制度ですよね。自身のキャリアアップはもちろん、より責任ある動物管理・使用のスキルと知識を吸収し、社会に貢献できる人材になっていけたらと考えています。また、実験動物専門医の資格取得も目指していきたいですね。


最後に“未来の後輩”へメッセージを

サルによる薬効薬理試験の関心は世界中で広がっていて、当社にも海外からの問い合わせが急増しています。浜松という一地方都市の企業ですが、活躍の場は世界レベルかつ最先端! 動物が好きで、個体ごとに細やかなケアができる方ならきっとこの仕事にやりがいと将来性を見出せると思いますよ。




ページの先頭へ戻る