グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  サービス >  薬効薬理試験 >  その他

その他


下記病態モデル以外の受託試験につきましてもお気軽にご相談ください。
小動物およびサルを用いた新規病態モデルの開発研究にも精力的に取り組んでいます。

炎症疾患

アトピー性皮膚炎モデル(マウス)
マウスを用いて、アレルギー反応によって引き起こされる、アトピー性皮膚炎(発赤、痂皮形成、浮腫等)を評価。

唾液分泌量の測定(ラット・サル)

ラットCotton法
  • 雄性SDラットを使用
  • 予め重量を測定した綿棒を用いて、口腔内の唾液を経時的にふき取る。
  • 測定はすべて覚醒下で実施。

カニクイザルCotton法
  • 雄性カニクイザルを使用
  • モンキーチェアに座らせた状態で実施。

皮膚欠損創モデル

子宮内膜症モデル(サル)


ページの先頭へ戻る