グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  研究・開発

研究・開発



研究論文


Distinguishing analgesic drugs from non-analgesic drugs based on brain activation in macaques with oxaliplatin-inducued neuropathic pain.
Shidahara Y., Natsume T., Awaga Y., Ogawa S., Yamoto K., Okamoto S., Hama A., Hayashi I., Takamatsu H., Magata Y.
Neuropharmacology. 2019 Feb 25.https://doi.org/10.1016/j.neuropharm.2019.02.031.



Pain-related behavior and brain activation in cynomolgus macaques with naturally occurring endometriosis.
Yano M., Matsuda A., Natsume T., Ogawa S., Awaga Y., Hayashi I., Hama A., Takamatsu H.
Human Reproduction. 2018 Dec 31. https://doi.org/10.1093/humrep/dey383.



Pain-Related Behavior and Brain Activation in a Cynomolgus Macaque Model of Postoperative Pain.
Hama A., Natsume T., Ogawa S., Awaga Y., Hayashi I., Matsuda A., Takamatsu H.
CNS & Neurological Disord Drug Targets. 2018 May 15. doi: 10.2174/1871527317666180515121350.



Gaps in Understanding Mechanism and Lack of Treatments: Potential Use of a Nonhuman Primate Model of Oxaliplatin-Induced Neuropathic Pain
Aldric Hama,Takahiro Natsume,Shin’ya Ogawa,Noriyuki Higo,Ikuo Hayashi,Hiroyuki Takamatsu
Pain Research and Management Volume 2018, Article ID 1630709, 11 pages



Brain activity changes in a macaque model of oxaliplatin-induced neuropathic cold hypersensitivity.
Nagasaka, K., Yamanaka, K., Ogawa, S., Takamatsu, H., Higo, N.
Sci Rep. 2017 Jun 27;7(1):4305



Antinociceptive effect of clinical analgesics in a nonhuman primate model of knee osteoarthritis
Ogawa, S., Awaga, Y., Takashima, M., Hama, A., Matsuda, A., Takamatsu, H.
European Journal of Pharmacology. 2016; 786: 179-185



Knee osteoarthritis pain following medial meniscectomy in the nonhuman primate
Ogawa, S., Awaga, Y., Takashima, M. Hama, A., Matsuda, A., Takamatsu, H.
Osteoarthritis and Cartilage. 2016; 24(7): 1190-1199



Pharmacological comparison of a nonhuman primate and a rat model of oxaliplatin-induced neuropathic cold hypersensitivity
Shidahara, Y., Ogawa, S., Nakamura, M., Nemoto, S., Awaga, Y., Takashima, M., Hama, A., Matsuda, A., Takamatsu, H.
Pharmacology Research & Perspectives. 2016; 4(1): e00216



Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathic Pain and Rodent Models.
Hama, A., Takamatsu, H.
CNS & neurological disorders drug targets. 2016; 15(1): 7-19.



Beyond Rodent Models of Pain: Non-Human Primate Models for Evaluating Novel Analgesic Therapeutics and Elaborating Pain Mechanisms.
Hama, A., Toide, K., Takamatsu, H.
CNS & Neurological Disorders - Drug Targets (Formerly Current Drug Targets - CNS & Neurological Disorders) 12(8)=E.ecember 2013.




新規サル病態パイプライン

疼痛

研究中/開発中
ターゲット疾患 モデル 開発ステージ
企画 条件検討 最適化 受託可能
腰痛 腰痛モデル
視床痛 コラゲナーゼ誘発

腎機能

研究中/開発中
ターゲット疾患 モデル 開発ステージ
企画 条件検討 最適化 受託可能
腎不全 腎不全モデル

PIT法

PIT(Photochemically-induced thrombosis)法とは

緑色光と光感受性色素(ローズベンガル)との光化学反応を利用した血栓作製法。
光感受性色素が特定波長の光を吸収することにより生成する一重項酸素が血管を傷害し動脈を閉塞させます。この方法はPhotothrombosis modelといい、従来、レーザー光と色素を利用した血栓作製方法でしたが、レーザー光の発生装置が高価なためほとんど普及していませんでした。
1991年に浜松医科大学薬理学講座の中島光好教授(現浜松CPT研究所所長)らにより、レーザー光の代替法として、比較的安価な緑色光発生装置と光感受性色素のローズベンガルを利用した方法が考案されました。現在では同講座(梅村和夫教授)はもちろんのこと、世界中の研究者によって広く用いられ、多くの研究成果を得ています。
PIT法は、各種動物の様々な血管において血栓による血管閉塞が可能であり、血栓に関する研究はもとより、血管肥厚、突発性難聴、心筋梗塞等の分野で基礎研究の進歩と治療薬の開発に貢献しています。

血栓生成の原理

予め生体にローズベンガルを投与しておき、目的の血管に緑色光を照射することにより照射部位で一重項酸素が発生し、その部位の血管内皮細胞が傷害を受けます。
ローズベンガルは、血中ではほとんどがアルブミンと結合していて血管外へ漏れることはないため、光を照射した部位のみ傷害を惹起できます。また、一重項酸素は非常に短寿命のため、他の血管に影響しません。血管内皮細胞が傷害を受けるとすぐに血管壁に血小板が粘着し、それが足場となって血栓が成長し、動脈閉塞に至ります。

PIT法の特徴

  • ローズベンガルも緑色光も、単体では生体に対する侵襲はほとんどない。
  • 血栓の生成が容易で再現性が良い。
  • 生成した血栓は疾患の成り立ちと類似しており、疾病の発生機序の解明や治療薬の開発に最適である。

ページの先頭へ戻る