グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  サービス >  薬効薬理試験 >  消化器系疾患

消化器系疾患


炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)の動物モデルとして、マウスを用いたクローン病モデル(TNBSモデル)とマウス・サルを用いた潰瘍性大腸炎モデル(DSSモデル)を整備しています。

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:IBS)の動物モデルとして、ラットを用いたTNBS誘発大腸痛覚過敏モデルおよびストレス誘発排便亢進モデルを整備しています。

クローン病モデル(マウス)

TNBSモデル

評価項目

Disease Activity Index、Macroscopic Scoring

潰瘍性大腸炎病モデル(マウス・サル)

DSSモデル

評価項目

マウス
Disease Activity Index 大腸の比重
サル
Disease Activity Index 大腸の比重
Mayoスコア、内視鏡スコア

TNBS誘発大腸痛覚過敏モデル(ラット)

評価項目

大腸痛覚閾値(Colonic nociceptive threshold)

ストレス誘発排便亢進モデル(ラット)

評価項目

排便重量(湿重量、乾燥重量)

<TNBS処置動物を用いた評価も実施可能です。>


ページの先頭へ戻る