グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  サービス >  薬効薬理試験 >  循環器系疾患

循環器系疾患


PITモデル(Photochemical Induced Thrombosis)をはじめ、様々な血栓モデルを開発しています。
また、バルーン傷害による壁在血栓の作製も可能であり、超音波診断装置やMRIによる画像診断技術を用いた定量評価が可能です。

血栓モデル(ラット・サル)/動脈硬化モデル

PITモデル
  • 大腿動脈
  • 伏在動脈
  • 頸動脈 など
AV Shuntモデル
  • サルは繰り返し使用可能
  • 絹糸法と銅線法に対応可能
塩化第II鉄モデル
  • 大腿動脈
  • 伏在動脈
  • 頸動脈
サル壁在血栓モデル
サル動脈硬化モデル
カニクイザル血栓モデルでは、出血時間測定やEx Vivo血小板凝集能測定との組み合わせも可能です。
血栓の作製方法としては、PITモデルが優れており、各種動物、血管に対応可能です。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る