グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  サービス >  薬効薬理試験 >  中枢神経系疾患

中枢神経系疾患


小動物およびサルを用いた実験的局所脳虚血モデル(急性期/慢性期)、パーキンソン病モデルの研究開発に力を入れています。
カニクイザル脳梗塞モデルでは、虚血前のトレーニングにより、高度な行動薬理試験が可能です。また、MRIによる脳梗塞の経時的な解析も可能です。カニクイザルパーキンソン病モデルでは、各種トレーサーを用いたPETによる機能解析も可能です。

脳梗塞急性期・慢性期モデル

中大脳動脈(MCA)血栓モデル
(PIT model)
サル、ウサギ、ラット
中大脳動脈(MCA)永久閉塞モデル
(Tamura model)
サル、ラット
中大脳動脈(MCA)一過性閉塞モデル
(Koizumi model)
サル、ラット
中大脳動脈(MCA)塞栓モデル
サルのみ

評価項目

  • 梗塞サイズの定量(TTC染色、MRIによる連続測定)
  • 各種機能評価(急性期から慢性期まで))
サル:餌取り行動、アップルテスト、テープ剥がし行動
ラット:神経症状観察、Rota-rodテスト、Stepテスト、テープ剥がし行動

被験物質の作用機序などから、適切なモデル選択のご提案をいたします。リハビリテーション効果増強剤の評価、Therapeutic Time Window試験など、お気軽にご相談ください。

パーキンソン病モデル(マウス・ラット・サル)

MPTP全身投与モデル
  • カニクイザルのモデルでは、4大症状(振戦、固縮、無動、姿勢反射障害)の評価が可能
  • 対症療法剤の評価に適している
MPTPヘミパーキンソン病モデル
  • サルをトレーニングすることにより、餌取り行動などを指標にした機能評価が可能
  • 脳保護剤の評価に適している
※MPTP処置動物の提供も可能です。

ページの先頭へ戻る