グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



私たちの働き方


ホーム >  私たちの働き方


多彩な働き方、そして、意欲に応じたステップアップのための支援制度が充実




フレックス制度

フレックス制度で仕事と私生活を両立

自分で自由に始業や就業時間を決められるフレックス制度を採用しています。
(コアタイム:9時00分~11時00分/13時00分~15時00分)
家庭の事情や自身の体調などを踏まえて、無理なく仕事と私生活の両立をすることが可能です。

社員の声

仕事の進み具合によって出退勤時間を変えたり、育児や介護などの急な用事のときでもフレキシブルに時間調整ができるので助かっています。


休日・休暇

有給もしっかり消化して充実のプライベートを

休日は、土曜日・日曜日、祝日、夏期・年末年始を併せて123日程度。
120日といわれる年間平均休日日数と同程度あり、有給休暇も全社員がしっかり消化できるよう取り組んでいます。その他、育児・出産・介護休業制度なども整備されています。

繁忙期と閑散期がはっきりしていて、メリハリがあるのが当社の特徴ですね。有給もしっかり取れるので、長期で海外旅行などを楽しむ社員も多いですよ。


海外研修

アメリカ研修で、最先端の情報・技術に触れる

子会社であるHPR U.S.A(アメリカ・サンディエゴ)での海外研修を実施しています。
現地では製薬関連企業や大学などを訪問し、最先端の情報・技術を肌で感じながら、自身のレベルやモチベーションのアップにつなげていきます。

1週間ほどの滞在でしたが、とても刺激的でした。特に大手製薬会社のラボを見学できたのは勉強になりましたね。あと、フリータイムも結構あったのでいろいろ楽しめました。


博士号取得支援

博士号取得で、自身のさらなるキャリアップを

さらなるキャリアアップを希望する社員のために、浜松医科大学大学院医学系研究科での博士号取得を支援しています。
授業料50%支援、研究費などの補助、論文の共同発表など、仕事をしながらでもスムーズに博士号取得が叶えられます。

授業料の半額を負担してくれるのは本当にありがたい!加えて、博士論文を作成する際に、仕事で携わった会社の研究論文を“共同発表”できることも魅力ですね。


永年勤続表彰制度

リフレッシュ休暇と報奨金でひと休み

永年働くスタッフには、リフレッシュ休暇と報奨金の給付を行います。家族や友人と過ごすも良し、プライベート空間で有意義な時間を過ごしてください。勤続年数 5年、10年、20年、30年の社員が対象です。

当社では今年から導入された制度です。勤続年数に応じてもらえる会社からのプレゼントみたい!働くモチベーションがさらに上がります。


MBA取得支援

MBA取得支援で、会社の未来を牽引する人材育成

会社の未来を牽引していく役員・幹部候補生を対象に、経営学修士号(MBA)の取得支援を行っています。授業料や活動費の補助、授業日の特別有給休暇など、働きながらでも取得できるような手厚いフォロー体制を備えています。

博士号やMBAの取得は、自身のキャリアにとっても会社の成長にとっても重要です。よりレベルの高いフィールドで活躍するために積極的に支援制度を活用していきたいですね。


保険・退職金制度

「いざ」という時も安心の保険・退職金制度

社会保険(健康保険、厚生年金)、雇用保険、労災保険を完備しているので、いざという時でも安心です。また、退職時に備えて「退職一時金」と、「企業年金(企業型確定拠出年金)」の両方の制度を採用しています。

給与や休日などの待遇を含め、全体的にとても充実していますね。大企業にもひけを取らないんじゃないかな。お世辞ではなく、そのくらい安心して働ける制度が整っています。


副業・兼業制度

経験値を高めるために、副業・兼業OK!

2018年よりスタートさせた制度です。
休日などを活用して、他事業者への就業や自営業を行うことを許可しています(事前に会社の認可が必要)。例えば、獣医師が動物病院などで臨床経験を積むことなどを推奨しています。

働き方改革に注目が集まっている中、いち早く副業・兼業制度を導入していることに驚きました。自分のスキルと相談しながら、いずれ挑戦してみたい制度ですね。


在宅勤務制度

在宅勤務の活用で、快適な仕事環境を

所属部署・業種によって可否がありますが、在宅勤務も可能です。
育児や介護といった私生活の縛りにとらわれることなく、快適に仕事をしていただくための制度です。事前に相談しながら、快適なワークスタイルを考えていきましょう。

産休や育休時に在宅勤務を考えています。こういった制度があるのは、特に女性社員にとってはありがたいですね。長く勤められる理由になると思います。



ページの先頭へ戻る